部長のブ~ティフルライフ

bokubucho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お泊り( 13 )

今日はとうとうはねたろうさんとたくちゃんが帰ってしまう。。。
H君はお仕事だったからはねたろうさんとおねえちゃんとお台場へ行った。
お台場の海岸を歩き、カフェでランチしてたら、向こうからクロパグとフォーンパグが!!
クロパグちゃんはまだ小さくてかわいかったなぁ~~~。

そしてとうとう空港へ行く時間が。。。
羽田についてたくちゃんと駐車場でお別れした。
おねえちゃんは一人で空港内まで行ってしまった。
僕も行きたいよ!ずるいよ~・涙。

たくちゃん達が空港へ行くとなんとぱぐちゃんの姿が!
釧路から東京へ遊びに来たみたいでこれから釧路へ帰る子だったみたいだ。
連休の東京は暑くて大変だっただろうなぁ。

そしてたくちゃんは広島へ帰ってしまった・・・。
おねえちゃんが一人で車に戻ってくるから、僕はしばらく車の中をぐるぐるしお外を眺め
たくちゃんとはねたろうさんを探した。
おねえちゃんが、
『部長~。帰っちゃったよ~。もう探してもいないよ』って。
そんなぁ。。。

帰りは助手席でいじけて不貞寝した。
そんな間、おねえちゃんは道を間違え高速を乗り損ねたらしい。。
スーパーポジティブなおねえちゃんは、
『高速は渋滞してたから時間はかわらないし高速代も浮いたしよかったよ』
なんて一人言言ってたけどさ。

お家に帰ってはねたろうさんとたくちゃんの匂いが残るお部屋で僕はまた二人の姿を探した。
そしてあきらめて寝た。
ほどなくH君から電話が。
『今仕事終わったんだけどもう帰っちゃった!?』って。
H君も寂しかったみたいだ。

夜帰ってきておねえちゃんに、
『たくちゃんって優しいよね。最初は俺のこと怖かったみたいだけど後半は俺がトイレに行くと
覗きに来てくれるし、朝も起きてお見送りしてくれたよ。一緒にいる間兄弟みたいだったのに、なんか寂しいね』
って言ってた。

たくちゃん、また会おうね!男同士の約束だよ!
[PR]
by bokuhabucho | 2005-05-02 16:27 | お泊り
今日ははねたろうさん、H君、おねえちゃんの人間組はお昼からもんじゃやきを食べに行った。
もんじゃやきを3つも食べ(あきらかに食べすぎ)、佃→日本橋→人形町と東京観光をして
夕方帰ってきた。はねたろうさんはたくちゃんにお土産のお洋服を買ってきてた。
いいなぁ。おねえちゃんとH君は自分達のお漬物やらお豆腐やらだけで僕には何もなしだ!

それから僕とたくちゃんはお散歩へ。
お散歩ではボーダーコリー君、スタンダードプードルのすみれちゃん、トイプードルちゃんに会ったよ!たくちゃんもだんだん遊ぶようになってきた!
僕たちは風の気持ちいい川沿いをウキウキで歩いたよ♪

帰宅して仮眠を取って三人は焼肉へ。
でもおねえちゃんったらまったくしょうがないんだ。
持病の扁桃腺、数日前から怪しかったのに昨日夜遊びするから+窓をあけっぱなしで寝るから、お店についたら具合が悪くなったらしい。。
結局はねたろうさんとH君の二人で焼肉を食べたらしい。。
ほんとにあきれかえっちゃうよ。

僕とたくちゃんはもう随分仲良くなったけどね!!
近距離で二人でいびきかいて眠ることだってできちゃうんだぞ~。
f0063791_16311144.jpg

でも明日お別れかと思うと今日が永遠に続けばいい、と思うセンチメンタルな僕である。
[PR]
by bokuhabucho | 2005-05-01 16:30 | お泊り

再会!!

今日は朝から車にのってお出かけ。どこに行くんだろう?ワクワクドキドキ。
ついた先は井の頭公園。そこで雷蔵君、たくちゃん、ひー助君とご対面!
カフェで4人+4匹はランチをした。

ひー助くん
f0063791_163779.jpg
雷蔵くん
f0063791_1637531.jpg

皆偉いんだ。おとなしく座ってるんだよ~。
僕は興奮度がMAXになってひとりだけぜぇぜぇしてたけど。。

3時半までお散歩したりお茶したり公園で過ごし、はねたろうさん、たくちゃんと供にお家へ向うことに。やっぱり渋滞にあい、結局2時間以上かかった。早めにでてよかったよ~。
車では僕ははねたろうさんのお膝を占領。たくちゃん、ごめんよ。

お家についてからはねたろうさんとおねえちゃんはベランダでお疲れビール!
その間、僕とたくちゃんはベランダをうろうろ。

7時になって二人はお出かけしてしまった。夜ご飯を食べに西麻布へ行くらしい。
H君とお店で合流するみたいだ。ってことは、夜中まで帰ってこないな。
たくちゃん、ゆっくり寝るとするかぁ。
f0063791_1638503.jpg
[PR]
by bokuhabucho | 2005-04-30 16:31 | お泊り

愛犬パグの徒然日記


by bokuhabucho